オレンジホームケアクリニック > 在宅医療とは? > 在宅医療Q&A

在宅医療Q&A

もっと知りたい!私たちをとりまく在宅医療のあれこれ

在宅医療について理解を深めていただくための、Q&A。
ご質問はお電話またはお問い合わせページよりお寄せください。

Q

いまの在宅医療を取り巻く状況をおしえてください

A

「在宅医療」は外来・入院に次ぐ、「第3の医療」と呼ばれています。 一時は、療養場所として施設が重視されていましたが、「住み慣れた地域・家庭で、たとえ病気を持っていても障害があってもすごしたい」と考える方が多く、ニーズが増大してきています。

医療器械の充実・多職種の訪問が可能になったこと(訪問看護、訪問歯科診療、訪問薬剤指導、訪問栄養指導、訪問リハビリテーション、訪問歯科衛生指導など)などから、在宅で可能な医療がどんどん幅広くなっており、単に「通院できないから」「入院させてもらえないから」という理由ではなく、より積極的に在宅での療養を望む人が増え、それをかなえる医療機関も増えてきています。

全国的には、在宅専門の診療所も増えており、日本在宅医学会の会員数も増加、専門医制度も設立する等、在宅医療の質が上がってきています。

また、国としても在宅医療を推進する方向にあり、2006年には在宅療養支援診療所の制度(24時間365日対応で在宅医療を行う診療所を認定し、報酬を上げる制度)ができるなど、在宅医療の充実が政策的に進められています。

1976年に、「日本人が死ぬ場所」の1位が、在宅から病院に変わりました。現在では、在宅死はわずか1割(うち半数近くは在宅医療を受けていない、在宅での突然死)になっています。これは世界的に見ても特異なことで、望めば在宅で最期を迎えられる体制づくりの必要性が大きくなっています。

[日本人の死亡場所推移]

厚生労働省「人口動態統計調書」より
注:1990年までは老人ホームでの死亡は自宅又はその他に含まれている。

質問一覧へ

ページトップ

オレンジホームケアクリニック

お問い合わせ

TEL0776-21-3333(9~17時)

FAX0776-21-3353

Mailinfo@orangeclinic.jp